2017年10月14日土曜日

衝動買い


何か出物はないものかとリサイクルショップを覗いてみた。これと言ってピンとくるモノは無かったけれどTEACのS-2001(平面スピーカー)が目にとまった。しかしサランネットを開ける事が構造上出来ないと言う事で状態の確認が出来ずスルー。逆転発想のスピーカーなので興味深いし思い切って行ってまえ!とも思ったけど踏みとどまる。
他に何かと思っている時に目に飛び込んできたのが、このドラフター(製図台)でありました。こんなもの買って何すんの?と言われそうですが、まあ何かの役に立つのでは?と思ったら買ってしまいました(今や設計はCADでやってしまうので、場所は取るしデータは送れないし不要なのだろうね)
小作品の草稿台として使ってもイーゼルより重宝しそうなのと設計製図に使わなくても何かに役に立ちそうな予感、角度調節自在だしマグネットパネルは何処にでもペタッとくっつく。おまけに蛍光灯付き。場所だけが難点だがプロ用というモノはどれも良く出来ている。人間老化してくると本を読むにも時間が掛かるし写生をするのも体が辛くなる。これを救うには如何に道具をうまく使うかだと思うね。かくして道具ばかりが無限増殖していきそう。

2017年9月30日土曜日

PCに振り回されて・・・



どうもWindowsパソコンの調子が変だなあと思っていたら案の定、立ち上がらなくなってしまった。win7から10に無償アップグレードしているので、こういう時はどうなるのかなあと思ったりしたけれどそれよりも不覚にもデータのバックアップを取っていなかったので何とか救いたい。HDDが随分壊れなくなったのでデフォルトのままドライブCで使っていたし・・。どうやらHDDは大丈夫の様なので画面の指示通り取りあえずリセットでデータを残せるかやってみた。ダメなら別の手立てを考えていたけど、夜中に放っておいたら朝にはなんと!素の状態(データはそのまま)で立ち上がっていた。メデタシメデタシで、取りあえずバックアップを完了。・・・しかし何か変?コンパネとか設定とかが英語になっている。どうやら日本語パックが変臭い。グーグルと首っ引きで言語パックを入れようとするが既に入っていると言いやがる。そのくせ、試してみたフランス語は入るし訳わからん!! しかし、ここまでやって諦めるのは癪に障るし・・取りあえず就寝。翌朝一番に同じ事を繰り返すとなんと簡単に入ってしまった。こんな事もあるんですねぇ。ヨシヨシとソフトをインストールしようとすると今度はインストールの説明画面で文字化け!! 一難去ってまた一難とはこの事か。仕方なくググッていると同じ症状の書き込みを見つけてやっと解決。判ってみれば何のことは無いが、それに気が付かんのです〜。
iMacの方はもう10年が経過して11年目に突入ですが一度HDDが壊れただけで、まだ現役であります(OSアップデート出来なくなったので世代交代の用意をしているけど) まあ安定ですねえ。後から調べたらWin10はクリーンインストールもそのまま認証して出来るらしい。覚えておこーっと。  

2017年9月15日金曜日

確か持っていた筈なんだけど


「鳥は星形の庭に降りる」武満徹の曲である。確かに以前にCDを買っている筈なのだけれど、何処にも見当たらないので違う盤を買った。最近、現代曲を聴く事が増えたようだ。色彩豊かなこの曲を初めて聴いたのは随分前の事である。記憶が定かでは無いが、まだ娘が高校生位だったか大阪のシンフォニーホールでのアジアユースオーケストラのコンサートだったと思う(間違っているかも知れないけど) 日本初演と言う事なのでひょっとしたらと思っていたら案の定、武満氏が客席に姿を見せておられた。氏は初演の時には必ず姿を見せられると聞いていたので娘と密かに期待していた事を覚えている。その時に聞いたこの曲は、あまり現代曲と馴染みの無かった僕の心にしっかりと足跡を付けていった。その頃から少しずつながら現代曲に馴染んできた。絵画に置き換えて聴いていると朧気ながらイメージを掴む事が出来るようになった記憶がある。そんな事を思い浮かべながら改めて色彩豊かな世界に浸る事が出来た。

2017年8月31日木曜日

ちょっと三重まで


三重と言っても滋賀県境からほんのチョッピリ入った所まで、カミさんの毎月の買い出しに運転手として付き合っている。買い出しと言うほどでも無いが、月に一度位のペースで無農薬栽培とかそれを飼料に与えた肉とか、色んな食材を(と言っても種類は知れているが)二〜三カ所をハシゴして買って来ることになっている。カミさんのお気に入りの店が何軒かあって数年前から恒例行事になっている。僕は食材の事はよく判らないが、それでも見慣れない野菜とかに出会うとスマホで調べてみたり、たまにはハズレを引く事もあるが変わった食材にお目に掛かるのも楽しみではある。今回もコリンキーなる野菜を買った。店の人曰く、酢の物がお薦めですよ!シャキッとして美味しいとの事。果たしてどうだろうかね。僕は食材よりも道中の景色の方が楽しみで四季の移り変わりを楽しむ事にしている。車を降りて写生でもするかと言うほどの時間の余裕は無いので専ら運転のみ。近くの農家の方が持ち寄って販売している店もある。道の駅と似た販売方法だが、まあJAは関係していないし色んな取り組みがあって良いと思う。

2017年8月27日日曜日

高砂百合


高砂百合(タカサゴユリ)が庭のあちこちに咲いている。もうかれこれ10年位前からチラホラと咲くようになって、まあ綺麗なので切り花にしたりしていたが本来外来種で基本的には抜き取ったり刈り取れと国立環境研究所の侵入データベースに記載されている。在来種と競合,ウイルス媒介,交雑とある。観賞用として導入された様だがその時は気がつかなかったのか?という疑問が残るけれど今となっては外来種であるという認識を持って欲しいとも書いてある。僕もカミさんから高砂百合とは聞いたものの恥ずかしながら、そこまでの認識は持っていなかったです。刈り取れと言われても、なかなか出来ないようでありますが、とにかく外来種は強いですね。我が家の庭でも毎年、少しずつ数が増えていて丁度暑さで花が切れる時に元気よく咲くと、ついついそのままになるようです。来年はどうしますかねとカミさんと相談中。

2017年8月13日日曜日

いつまでも・・・


うっかり更新ミスで、すでに10日ばかり前の事になってしまったけれど、愛犬ラッキーが旅立ってからもう二年が過ぎた。我が家に来てから約18年も一緒に暮らしたと言う事もあり 又、老犬になってからは益々ほとんどの事が犬を中心に家が廻っていた。カミさんが特に可愛がっていた事もあり忘れられないのだろう。僕なんかは詳しい命日なんぞとっくに忘れてしまっていたが朝 仏壇の前にチャンと飾られていた。親の死に目には泣かなかったのに犬の時には泣いて泣いてと言う話も聞いたりするが、それ程では無いにしてもあの世へ送り出すと言う事は人間でも犬でも同じ事で悲しい事である。そんな事を言ってしまえば毎日食べ物にしている肉の類いも殺して食べているのに違いないのだから、と考えてしまう。まあ、人間なんて勝手なモノで結局は都合の良い解釈をしているのかも知れない。そんな事を考える様な年になってしまったのかと又考えるこの頃であります。

2017年8月2日水曜日

愛宕千日詣り


毎年ながら、日頃からの運動不足を反省する愛宕千日詣りに行ってきました。一年を通じて多分一番過酷な運動であります。とは言え、こればかりは山頂の愛宕神社へのお詣りなので運動とも言えないのですけど、かなり辛い!!。僕が中学生の時に、腰を痛めた父から代わりにと言う事で始まったのですけれど、とうとう半世紀を過ぎてしまいました。この次の世代へは仕事の関係やらでバトンタッチも難しく、彼が休みの前日に当たった年は一緒に行くのですが、可能な年だけでと言う事にしています。
取りあえず私は再来年で終了するつもりでいます。(さすがに70歳になるとキツいと思う)
こうして50年も続いて見ていると、お詣りとは言えそれぞれの世相を映し見てきた様に想い出されます。毎年の事ですが三歳までのお子さんを抱っこしながら連れて上がられる親御さんには頭が下がります。因みに我が家は三歳までに連れて行っていません・・・。
三歳までにお詣りさせるとその子が一生火事に遭わないという言い伝えです。上がられた方はお判りでしょうが、とにかく一人でもキツいのに子供を抱えては大変です。二、三日は足が痛くてロボット歩きの日が続きそう。